SEEDS Creator's Blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Macの外付けキーボード設定まとめ

html IT その他

概要

uchiyama です。

先日、新しいMacBookProが支給されました。

普段は、長時間キーボードを叩くため、MacのキーボードではなくRealforceを使うようにしています。

Macに外付けキーボードを付けた時に、

デフォルトの状態だと色々とおかしなキー配置になります。

色々と設定しなければならなかったので、備忘録としてやったことを記載しておきます。

キーボードの種類を変更

なぜかUSキーボードとして認識される場合があるので、

JISに認識されるようにします。

環境設定 > キーボード > キーボードの種類を変更

のボタンを押下します。

 

あとは指示に従ってキーを押していけば、

種類を選択する画面が現れるのでJISを選択します。

 

修飾キーの設定

システム環境設定 > キーボード > 修飾キー

と進む。

「キーボード選択」で、外部キーボードを選択し、以下のように設定しました。 Caps Lock と Option は使わないので、完全にオフです。

Karabiner のインストール

いろいろキー設定を行うために、Karabiner をインストールします。

https://pqrs.org/osx/karabiner/index.html.ja

リピート速度を変える

カーソル移動を調整するためにリピート速度を変えます。

Karabinerを立ち上げ、「Key Repeat」の数値を変えます。

早くする場合は数値を小さくしていきます。

Vim でノーマルモードに戻った時の挙動設定

Vimでノーマルモードに戻った時に、半角英数に切り替わるように設定します。

Karabinerを立ち上げ、

Misc & Uninstall > Open private.xml

のボタンを押下します。

private.xml に以下の内容を記載して保存します。

<?xml version="1.0"?>
<root>
<appdef>
<appname>iTERM2</appname>
<equal>com.googlecode.iterm2</equal>
</appdef>
<appdef>
<appname>MACVIM</appname>
<equal>org.vim.MacVim</equal>
</appdef>
<list>
<item>
<name>Leave Insert Mode with EISUU (vim keybind apps)</name>
<identifier>private.vim_keybind_apps_esc_with_eisuu</identifier>
<only>iTERM2,TERMINAL,MACVIM</only>
<autogen>--KeyToKey-- KeyCode::ESCAPE, KeyCode::ESCAPE, eyCode::JIS_EISUU</autogen>
<autogen>--KeyToKey-- KeyCode::JIS_BRACKET_LEFT, VK_CONTROL, KeyCode::JIS_BRACKET_LEFT, VK_CONTROL, KeyCode::JIS_EISUU</autogen>
</item>
</list>
</root>

「Change Key」に移動して、「ReloadXML」を押すと、

「Leave Insert Mode with EISUU (vim keybind apps)」という項目が表示されるので、

チェックを入れます。

これで完了。

Seil で、英数/かな を設定

Seilをインストールします。

https://pqrs.org/osx/karabiner/seil.html.ja

Seilを立ち上げて、以下の項目をオンにします。

  • For Japanese > Enable NFER on PC keyboard
  • For Japanese > Enable XFER on PC keyboard

これで、普通のMacのように 英数/かな を切り替えることができます。

参考

MacBook セットアップ備忘録 外付けキーボード(REAL FORCE) 編

http://d.hatena.ne.jp/ginbear/20090505/1241505354

Vimのインサートモードを抜けるときにIMEをオフにするKeyRemap4MacBookのprivate.xml設定

http://m.designbits.jp/13091710/