SEEDS Creator's Blog

AWS IoT Enterprise Buttonを使ってSlackに通知を送ってみた

はじめまして!18年度新卒・WEBエンジニアの石田です。

弊社のコーヒーメーカーがリニューアルされ、コーヒーを淹れる機会がすごく多くなりました。 しかし、コーヒーメーカーができてから30分で保温が切れる設定で、
・追加で保温ができない…
・どうせならできたてが飲みたいけど、できたタイミングが分かりにくい…
・かといっていちいちSlackにコーヒーできましたって書くのもめんどくさい!
→自動投稿させたい!
→→ボタンワンクリックで済ませたい!

ということで、会社にAmazon「AWS IoT Enterprise Button」を買ってもらい、折角なのでクリエイターズブログに投稿することにしました!

f:id:seeds-std:20181105211732j:plain
新コーヒーメーカーと「AWS IoT Enterorise Button」

新コーヒーメーカーと「AWS IoT Enterorise Button」

AWS IoT Enterorise Button

ワンプッシュで商品が注文できる!と話題になった Amazon Dash Buttonをベースにした、自由にプログラムを動作させることのできるボタンです。 ボタンのクリックをトリガーに、AWSのサービスに接続できます。すごい。

f:id:seeds-std:20181105212349j:plain
ちっちゃいです

モバイルアプリを使ってWiFiの設定ができ、ステータスも確認可能。

f:id:seeds-std:20181105213458p:plainf:id:seeds-std:20181105221850p:plain
iOSアプリ「AWS IoT 1-Click」

何度か設定してみたのですが、デバイスリージョンはオレゴン一択なのでしょうか。東京リージョンに変更できませんでした。

そこからAWS IoT 1-Clickというサービスを選択し、プロジェクトを作成することでデバイスの動作を定義することができます。

選択できるのは
・SMSの送信
・Eメールの送信
・Lambda関数の選択
Slackに自動投稿したかったのでLambda一択でしたが、SMS・Eメール送信も色々使えそうで良いですね。

あとはLambdaでjavascriptを使ってwebhookにPOSTすれば投稿完了!

exports.handler = function(event, context) {
    const slack = (params) => {
      let https = require('https');
      let host = 'hooks.slack.com';
    
      let data = JSON.stringify({"text": params['message']});
    
      let options = {
        hostname: host,
        port: 443,
        path: params['path'],
        method: 'POST',
        headers: {
          'Content-Type': 'application/json',
          'Content-Length': Buffer.byteLength(data)
        }
      };
    
      let req = https.request(options, (res) => {
        console.log('status code : ' + res.statusCode);
        res.setEncoding('utf8');
        res.on('data', (d) => {
          console.log(d);
        });
      });
    
      req.on('error', (e) => {
        console.error(e)
      ;});
    
      req.write(data);
      req.end();
    };
    
    var post = function() {
      return slack({
        path: 'hogehogehogehogehoge',
        message: 'コーヒーができました:coffee:'
      });
    };

    setTimeout(post, (60 * 6 * 1000));
};

f:id:seeds-std:20181105221032p:plain
アイコンはデザイナー・コウノ氏が作ってくれました!かわいい

6分で完成するので、その分だけタイムアウトさせるようにしています。 起動時間は5分までだと思ってたからどうしようかな…と思っていたのですが、15分までいけるようになっていたのが驚きでした。

IoT ButtonやLambdaを触ったのははじめてだったので時間がかかりましたが、セットアップからSlackに投稿できるようになるまで1時間ほど。すごく簡単でした。 他にもいろいろな使い方ができそうですね。シーズでは早速、更に2台のIoT Buttonを追加購入しました(笑) 社内でアイデアを募ってどういう使い方をしようかと思案中です!