SEEDS Creator's Blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VimでGo言語を書く環境を設定する

概要

Go言語をインストールして実行できる環境を作り、 VimでGo言語を書く設定をしていきます。

Goのインストール

以下のページでバイナリをダウンロードし、ホームディレクトリに設置します。 https://golang.org/dl/

wget https://storage.googleapis.com/golang/go1.3.3.linux-amd64.tar.gz
tar xvzf go1.3.3.linux-amd64.tar.gz
mv go1.3.3.linux-amd64 ~/go

Goパッケージの保存先であるディレクトリを作成します。

mkdir ~/go/packages

.bashrcなどに、以下の環境変数を設定します。

export GOROOT=~/go
export GOPATH=$GOROOT/packages
export PATH=$PATH:$GOROOT/bin

「source ~/.bashrc」で設定を有効にすると、goコマンドが使用できるようになります。

Vimの設定

goコマンドを使用して、以下のパッケージをインストールしておきます。

パッケージ 機能
gocode 入力補完
golint コーディング規約チェック
godef 定義ジャンプ

インストールコマンドは以下のようになります。

go get github.com/nsf/gocode
go get github.com/golang/lint/golint
go get code.google.com/p/rog-go/exp/cmd/godef

Goに対するVimの設定ですが、パッケージに同封されているVim設定ファイルを使用します。 上記の方法でインストールしている場合は、~/go/misc/vimに存在しています。

※現在のGoリポジトリにはmisc/vimは入っていないようです。将来的には少し違う設定になると思います。http://vim-jp.org/blog/2014/09/02/vim-go-extra.html

.vimrcに以下の設定を追記します。

filetype off
filetype plugin indent off
set runtimepath+=$GOROOT/misc/vim
filetype plugin indent on
syntax on
autocmd FileType go autocmd BufWritePre  Fmt
set rtp+=$GOPATH/src/github.com/nsf/gocode/vim
set rtp+=$GOPATH/src/github.com/golang/lint/misc/vim
set completeopt=menu,preview

これで自動補完や自動フォーマットが動作するようになります。

以下、よく使うコマンドを表にしておきます。

コマンド 意味
:Import {コマンド名} importにパッケージ名を追加
:Drop {パッケージ名} importにパッケージ名を削除
:GoDoc {パッケージ名} パッケージのドキュメントを閲覧する
:Godef {定数名/関数名など} 定義ジャンプ

参考

Vimを使ったGo言語開発手法 http://mattn.kaoriya.net/software/vim/20130531000559.htm

Go言語のインストール http://golang.jp/install

GOPATH は適当に決めて問題ない http://qiita.com/yuku_t/items/c7ab1b1519825cc2c06f

Go言語の開発環境構築 (Golang + Mac OS X + Vim) http://note-of-engineer-b.blogspot.jp/2013/12/golang-setup.html