SEEDS Creator's Blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vagrantのboxサイズを拡張する

IT Linux プログラミング

提供されているboxが8GBしかなかったので拡張したのですが、結構大変だったのでメモします。

ディスクの拡張

boxから普通にインスタンスを作成。 インスタンスを作成したらシャットダウンして作業を行います。

VirtualBoxではディスクサイズが可変のタイプは .vdiなのですが、 Vagrantのboxとできるディスクタイプはvmdkとなります。 まずは、現在のvmdkディスクをクローンしてvdi形式のディスクを作成します。

その後、カレントディレクトリを作成した仮想サーバのディスクがある所まで移動して

VBoxManage clonehd "box-disk1.vmdk" "clone-box-disk1.vdi" --format vdi

クローンしたディスクの容量を拡張します。ここでは20GBにしたいと仮定して20480を設定しています。 (20(GB) * 1024(MB) = 20480)

VBoxManage modifyhd clone-box-disk1.vdi --resize 20480

次に、ディスク拡張されたvdiをvmdkにクローンします。

VBoxManage clonehd "clone-box-disk1.vdi" "box-disk2.vmdk" --format vmdk

拡張したディスクを差し替えます。 この作業は、VirtualBoxから行ってもいいかもしれません。 --port 0 --device 0 の部分はbox-disk1.vmdkが入っていたものを指定します。 ちなみに、server_default_1448874918650_80404 は仮想サーバー名です。

VBoxManage storageattach server_default_1448874918650_80404 --storagectl "SATA" --port 0 --device 0 --type hdd --medium box-disk2.vmdk

この設定を行った後、起動してみて無事に起動すればOKです。 確認できたら、またまたシャットダウンします。

パーティション操作

現在ディスクは20GBに拡張しましたが、パーティションは8GBまでしか使用されていない状態です。 パーティションを操作して、8GBを20GBに拡張します。

新たに作成された box-disk2.vmdk を適当な仮想サーバにアタッチします。 アタッチ後、lsblkコマンドでディスクの様態をチェック。

# lsblk
NAME    MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sda    202:65   0   8G  0 disk /
└ sda1 202:145  0   1G  0 part 
└─sda2 202:145  0   8G  0 part 
sdb    202:144  0  20G  0 disk 
└ sdb1 202:145  0   1G  0 [SWAP]
└─sdb2 202:145  0   8G  0 part 

今回くっつけたものはsdbとして認識されていました。 partedでパーティション操作を行っていきます。

ない場合は、 yum install parted か apt-get install partedでインストールします。

# parted /dev/sdb
GNU Parted 2.1
/dev/sdb を使用
GNU Parted へようこそ! コマンド一覧を見るには 'help' と入力してください。

表記をセクターに変更します。

(parted) unit s

現在の情報を表示します。

(parted) print
Model: ATA VBOX HARDDISK (scsi)
Disk /dev/sda: 41943040s
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos

Number  Start     End        Size       Type     File system     Flags
 1      2048s     1953791s   1951744s   primary  linux-swap(v1)
 2      1953792s  15988735s  15986688s  primary   ext4            boot

この情報はあとで使用するため、メモしておきましょう。 今回は、特にNumber2の行が重要になります。

次に、パーティションを削除します。

(parted) rm 2    

パーティションを作成します。

(parted) mkpart
Partition name? []? 
File system type? [ext2]? ext4
Start? 1953792s
End? 100%

パーティションサイズ以外は、元のパーティションと同じになるように修正します。

(parted) set 2 boot on
(parted) set 2 LBA off

ここまでできたら、EndとSize以外は元と同じになっているか確認します。

(parted) print
Model: ATA VBOX HARDDISK (scsi)
Disk /dev/sda: 41943040s
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos

Number  Start     End        Size       Type     File system     Flags
 1      2048s     1953791s   1951744s   primary  linux-swap(v1)
 2      1953792s  41943039s  39989248s  primary  ext4            boot

終了!

(parted) quit

20GBに拡張されていることを確認します。

# lsblk
NAME    MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sda    202:65   0   8G  0 disk /
└ sda1 202:145  0   1G  0 part 
└─sda2 202:145  0   8G  0 part 
sdb    202:144  0  20G  0 disk 
└ sdb1 202:145  0   1G  0 [SWAP]
└─sdb2 202:145  0  19G  0 part

念のため、ディスクチェックをかけましょう。

e2fsck -f /dev/sdb2

ここまでできたら、適当な仮想サーバをシャットダウンしてディスクを外します。

パーティション拡張したディスクで起動

インスタンスを起動します。

resize2fs /dev/sda2

ここで、サイズが20GBに拡張されたら完了です。

box作成

あとはVagrantfileがあるディレクトリでboxを作成して終了です。

vagrant package