SEEDS Creator's Blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEBシステム組み込みに適したウィルスソフト

会社のパソコン、家のパソコン、ほとんどのパソコンはウィルスソフトを入れていると思いますが、WEBシステムで利用する組み込み用のウィルスソフトはなにが良いのでしょうか?

利用シーン

利用シーンとしては ファイルアップロード、ダウンロードなどの仕組みのあるWEBシステム(サーバー側)に組み込む。 ファイルアップロードのタイミングでウィルスが混入しないように。 ファイルダウンロードのタイミングで、そのファイルがウィルスにかかっていないこと無いことをリアルタイムで保証する。 PHP,Perlなど様々な言語からも利用したい。

ストレージ全体のスキャンはそれほど重要視しない。(できればうれしい)

おすすめソフト

ずばり、シーズがお勧めするのは、 F-secure Linux コマンドラインエディション です。

理由1:シンプルで強力

世の中にあるウィルスソフトには様々な機能が搭載されています。 ウィルスブロック スパムブロック ファイヤーウォール 個人情報保護 安全評価 バックアップ ・・・ などなど、 (広告に熱心なメーカーほど高機能な印象がありますが)基本的にWEBシステムの場合はウィルスブロック機能のみしか利用しませんので、シンプルでエンジンが強力なものが一番です。

エンジンの評価は、このあたりのサイトに譲るとします。 http://www.the-hikaku.com/security/08hikaku1.html

理由2:Linux対応

多くのウィルスソフトは、Windows用ですが、WEBシステムはほとんどがLinux上で動作するため、Linux版というのが必須条件です。

理由3:コマンドラインで使える

WEBシステムの場合、ファイルを”今”アップロードした人にメッセージを返す必要があるので、コマンドラインで解析結果を受け取れるのは非常に便利です。

コマンドラインも多様なオプションをつけられるので、強力なエンジンを最大限利用できます。 例 圧縮ファイルの階層数指定、除外指定など